B-OWNDとは

すべての人を
アートの当事者に

B-OWNDは、ブロックチェーンネットワークで
アーティスト、コレクター、キュレーターを水平かつ半永久的に結び、「開かれた公正なマーケット」を構築していきます。あらゆる人がアートの価値形成に参加できる場を作ることで、あらゆる人の内にある固有の〝美〟の開花を可能にします。

日本の美から世界へ

なぜアートとしての
工芸なのか

「日本文化」あるいは「日本の美」をダイレクトに発見できるもの。それが、歴史の中で育まれ磨かれてきた「工芸」だと信じています。私たちはその日本の工芸を、これまで閉じ込められてきた狭い枠組みから解き放ち、あえてアートとして世界に向けて発信していきたい。たとえば極小の中に、全宇宙の広がりを見出していくまなざしや、いのちのはかなさを見つめながらも、なおその先に永遠を観じとる意識。あらゆるものとの関係性の中に、美の価値をとらえる感覚。すぐれたアーティストによる研ぎ澄まされた工芸は、私たちの文化の本質をとても自然に実感させてくれます。B-OWNDはまず、この日本のアーティストを世界の人々につなげていきます。

Creation Date Date

Owner Name

アート × ブロックチェーン

デジタル証明書が
もたらす新たな
価値形成

Creation Date

Owner Name

後世に残るアーティストの才能を最初に認めて作品を買ったのは、もしかしたら本当は近隣の誰かだったかもしれません。
現在に至るまで、アーティストや作品にまつわる記録は正確に残っているとは言えません。
特に工芸にいたってはその必要性が軽視されてきました。
B-OWNDのデジタル証明書システムでは、すべての作品に証明書を発行し、作品にまつわる履歴を正確に残すことができます。
二次流通・三次流通など一度創り手から離れた作品の取引金額がアーティストに還元されることや、作品の付加価値を形成する関係者すべてが恩恵を受けられるエコシステムがここに誕生します。