中臣 一

中臣 一

中臣 一

幸いあれと祈るかたち

その形と色は、私たちを予祝する。
繰り返されるモチーフのつながりが、伸びやかなフォルムを形づくる。一筋の竹の直線はやがて曲線を描き、曲線はまた直線となる。出会っては離れ、離れてはふたたび交差する。異なるダイレクションを志向した直線と直線は、いく筋かの後に再びめぐり合う。Frill(フリル)、8祝ぐ(はちほぐ)、Prism(プリズム)などの作品に見られるリズミカルな繰り返しは、連続する生の連なりや、生と生の呼応を想起させる。造形を透過して出現する柔らかな光や、作品の足元に落とされた繊細な影もまた、作品の一部となっていく。作品そのものと、それが作り出す清らかであたたかな空気感は、わたしたちを予祝する。


リズミカルに延伸するモチーフと、それが構成するのびやかな造形、そして繰り出される鮮やかな色。それらは、ちょうど午睡から目覚め、四肢を広げて伸びをしたときの満ち足りた心持ちを想起させる。ほとばしる熱情、情動の奔流がみせる表現の魅力とはまた別の、静穏でどこか理知的、しかし密かな生命の躍動とその喜びが、作品のそこかしこから放たれている。


竹は制約の多い素材である。ひごは細すぎても太すぎても用をなさない。粘土や金属のような可塑性の高さも持ち合わせていない。だからこそ。製作の過程で立ち止まり、そのときどきに立ち現れる景色を見、竹の声を聞く。それによって予想外の展望が開かれてくる。たとえば「笑口竹花入」のように、小槌ですべてきれいに落とすはずだった竹の節も、笑った口のように見えた落とし口のままに、作品に生かされる。
繰り返される竹とのダイアローグが、作風の広がりに連続する。そうして、中臣は自在に竹と遊び、その喜びを持って制約を軽々と超えてみせる。


中臣は大阪に生を受け、東京の名門大学に進み、商学部で学んでいる。学生時代から工芸の世界に心惹かれ陶芸家を志す一方で、自分に合った新たな素材を模索するなか、竹との出会いが訪れる。生野祥雲斎の作品との邂逅。竹工芸の展示会で知った大分県立竹工芸訓練センターの存在。師となる本田聖流、そして、竹田の地に得た製作の場と仲間たちとの出会い。煎茶道を嗜むなかで知った文人・田能村竹田の生涯の地が竹田であることもまた、つながりの妙を感じさせる。こうして、竹との間のいくつもの偶然の重なりが、今日、中臣をその世界に至らしめている。
今ここにあることを、「中臣は必然であり宿命」と表現する。それは、数々の偶然を受け止めその偶然の意味するところにしなやかに自身を沿わせてきた中臣と、竹、そして竹工芸を取り巻く世界との連続する呼応の結果である。必然を愛おしみ、宿命に育てる。そして今、ここに立つ。



奥豊後、竹田の地から清爽な風が吹いてくる。その風は、竹林を吹き渡る清らかな風のごとく、わたしたちに健やかな心もちと生の喜びをもたらし、一日一日と紡がれていく日々を予祝する。
竹藝家・中臣一。豊穣な自然と長きにわたる竹の文化を背景に、伝統に根ざしながら、そのフレームを鮮やかに跳躍する。




B-OWND

幸いあれと祈るかたち

その形と色は、私たちを予祝する。
繰り返されるモチーフのつながりが、伸びやかなフォルムを形づくる。一筋の竹の直線はやがて曲線を描き、曲線はまた直線となる。出会っては離れ、離れてはふたたび交差する。異なるダイレクションを志向した直線と直線は、いく筋かの後に再びめぐり合う。Frill(フリル)、8祝ぐ(はちほぐ)、Prism(プリズム)などの作品に見られるリズミカルな繰り返しは、連続する生の連なりや、生と生の呼応を想起させる。造形を透過して出現する柔らかな光や、作品の足元に落とされた繊細な影もまた、作品の一部となっていく。作品そのものと、それが作り出す清らかであたたかな空気感は、わたしたちを予祝する。


リズミカルに延伸するモチーフと、それが構成するのびやかな造形、そして繰り出される鮮やかな色。それらは、ちょうど午睡から目覚め、四肢を広げて伸びをしたときの満ち足りた心持ちを想起させる。ほとばしる熱情、情動の奔流がみせる表現の魅力とはまた別の、静穏でどこか理知的、しかし密かな生命の躍動とその喜びが、作品のそこかしこから放たれている。


竹は制約の多い素材である。ひごは細すぎても太すぎても用をなさない。粘土や金属のような可塑性の高さも持ち合わせていない。だからこそ。製作の過程で立ち止まり、そのときどきに立ち現れる景色を見、竹の声を聞く。それによって予想外の展望が開かれてくる。たとえば「笑口竹花入」のように、小槌ですべてきれいに落とすはずだった竹の節も、笑った口のように見えた落とし口のままに、作品に生かされる。
繰り返される竹とのダイアローグが、作風の広がりに連続する。そうして、中臣は自在に竹と遊び、その喜びを持って制約を軽々と超えてみせる。


中臣は大阪に生を受け、東京の名門大学に進み、商学部で学んでいる。学生時代から工芸の世界に心惹かれ陶芸家を志す一方で、自分に合った新たな素材を模索するなか、竹との出会いが訪れる。生野祥雲斎の作品との邂逅。竹工芸の展示会で知った大分県立竹工芸訓練センターの存在。師となる本田聖流、そして、竹田の地に得た製作の場と仲間たちとの出会い。煎茶道を嗜むなかで知った文人・田能村竹田の生涯の地が竹田であることもまた、つながりの妙を感じさせる。こうして、竹との間のいくつもの偶然の重なりが、今日、中臣をその世界に至らしめている。
今ここにあることを、「中臣は必然であり宿命」と表現する。それは、数々の偶然を受け止めその偶然の意味するところにしなやかに自身を沿わせてきた中臣と、竹、そして竹工芸を取り巻く世界との連続する呼応の結果である。必然を愛おしみ、宿命に育てる。そして今、ここに立つ。



奥豊後、竹田の地から清爽な風が吹いてくる。その風は、竹林を吹き渡る清らかな風のごとく、わたしたちに健やかな心もちと生の喜びをもたらし、一日一日と紡がれていく日々を予祝する。
竹藝家・中臣一。豊穣な自然と長きにわたる竹の文化を背景に、伝統に根ざしながら、そのフレームを鮮やかに跳躍する。




B-OWND

販売作品一覧

    中臣 一

    1974年
    大阪府和泉市に生まれる
    1999年
    早稲田大学商学部卒業
    2000年
    大分県立竹工芸訓練センターにて竹工芸の基礎を学ぶ
    2002年
    竹藝家・本田聖流に師事
    教育歴
    2019年
    武蔵野美術大学『New dimension of Bamboo Craft 土着の技で世界へ』
    2017年
    在ブラジル日本大使館『現代日本竹藝への道』 (ブラジリア、ブラジル)
    2017年
    国立台湾工芸研究発展センター台北分館『日本竹藝史と我的作品』(台北、台湾)
    2009年
    国立台湾工芸研究発展センター『日本の竹工芸について』(南投県、台湾)
    2008年
    佐賀大学ひと・もの作り唐津プロジェクト『竹と竹細工について』(2008、2009、2010)
    2004年
    日米文化会館『日本の竹工芸について』(ロサンゼルス、アメリカ)
    グループ展
    2019年
    WE WERE ALWAYS HERE (HEATHER JAMES FINE ART/サンフランシスコ, アメリカ)
    2018年
    東方竹 亜洲竹生活藝術展(中国美術学院民芸博物館/杭州,中国)
    2017年
    竹跡 現代国際竹藝展(国立台湾工芸研究発展センター台北分館/台北、台湾)
    2013年
    REVALUE NIPPON PROJECT “CHARITY GALA 2013 with GUCCI”(横浜ロイヤルパークホテル/横浜)
    2010年
    Salone Del Mobile, Bottega Veneta Home Collection(Bottega Veneta/ミラノ、イタリア)
    2008年
    New Bamboo : Contemporary Masters(Japan Society Gallery/ニューヨーク、アメリカ)
    2007年
    East Weaves West : Basketry from Japan and Britain(Collins Gallery of Strathclyde University/グラスゴー、イギリス)
    2006年
    Beyond Basketry : Japanese Bamboo Art(ボストン美術館/ボストン、アメリカ)
    2004年
    Contemporary Japanese Crafts(日米文化会館/ロサンゼルス、アメリカ)
    個展
    2018年
    桜製作所 SAKURA SHOP銀座店、高松店
    2013年
    桜製作所 SAKURA SHOP銀座店
    2011年
    桜製作所 SAKURA SHOP高松店
    コレクション
    サンフランシスコアジア美術館
    フィラデルフィア美術館
    ホーブ美術館
    ラシーン美術館
    福岡空港
    大阪国際空港
    ザ・リッツ・カールトン京都
    ザ・リッツ・カールトン東京
    ハイアット・リージェンシー那覇沖縄
    ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ

    中臣 一

    1974年
    大阪府和泉市に生まれる
    1999年
    早稲田大学商学部卒業
    2000年
    大分県立竹工芸訓練センターにて竹工芸の基礎を学ぶ
    2002年
    竹藝家・本田聖流に師事

    教育歴

    2019年
    武蔵野美術大学『New dimension of Bamboo Craft 土着の技で世界へ』
    2017年
    在ブラジル日本大使館『現代日本竹藝への道』 (ブラジリア、ブラジル)
    2017年
    国立台湾工芸研究発展センター台北分館『日本竹藝史と我的作品』(台北、台湾)
    2009年
    国立台湾工芸研究発展センター『日本の竹工芸について』(南投県、台湾)
    2008年
    佐賀大学ひと・もの作り唐津プロジェクト『竹と竹細工について』(2008、2009、2010)
    2004年
    日米文化会館『日本の竹工芸について』(ロサンゼルス、アメリカ)

    グループ展

    2019年
    WE WERE ALWAYS HERE (HEATHER JAMES FINE ART/サンフランシスコ, アメリカ)
    2018年
    東方竹 亜洲竹生活藝術展(中国美術学院民芸博物館/杭州,中国)
    2017年
    竹跡 現代国際竹藝展(国立台湾工芸研究発展センター台北分館/台北、台湾)
    2013年
    REVALUE NIPPON PROJECT “CHARITY GALA 2013 with GUCCI”(横浜ロイヤルパークホテル/横浜)
    2010年
    Salone Del Mobile, Bottega Veneta Home Collection(Bottega Veneta/ミラノ、イタリア)
    2008年
    New Bamboo : Contemporary Masters(Japan Society Gallery/ニューヨーク、アメリカ)
    2007年
    East Weaves West : Basketry from Japan and Britain(Collins Gallery of Strathclyde University/グラスゴー、イギリス)
    2006年
    Beyond Basketry : Japanese Bamboo Art(ボストン美術館/ボストン、アメリカ)
    2004年
    Contemporary Japanese Crafts(日米文化会館/ロサンゼルス、アメリカ)

    個展

    2018年
    桜製作所 SAKURA SHOP銀座店、高松店
    2013年
    桜製作所 SAKURA SHOP銀座店
    2011年
    桜製作所 SAKURA SHOP高松店

    コレクション

    サンフランシスコアジア美術館
    フィラデルフィア美術館
    ホーブ美術館
    ラシーン美術館
    福岡空港
    大阪国際空港
    ザ・リッツ・カールトン京都
    ザ・リッツ・カールトン東京
    ハイアット・リージェンシー那覇沖縄
    ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
    このアーティストを応援する