古賀 崇洋

古賀 崇洋

コンセプト

古賀 崇洋

現代社会へのカウンター

頬から顎までをすっぽりと覆う形状の《頬鎧盃》。
器全体を覆う大小のスタッズ。
ド派手でユニークなこれらのシリーズが、古賀崇洋の作品の印象を決定づけている。一見、感性のままに制作しているかのようにも見える作品たち。しかし実際には、歴史的、文化的な背景を踏まえ、古典への敬意のもとに作品が成り立っているのだ。

古賀がリスペクトする侘び茶の大成者・千利休は、黒茶碗を使うことでその存在感を無くし、茶を引き立てたという。これに感銘を受けた古賀は、あえて作品の存在感を際立たせるという意味で、「反わびさび」を掲げる。物に内在する力を視覚化し、圧倒的な存在感を放つものとして表現するにはどうしたらよいか。
古賀の出した答えのひとつが、スタッズであった。
「力の最小単位として、面白い形だと感じた。視覚、触覚、そして味覚にも作用がある形だ。」

「突起」というキーワードは、のちに「突出した人物」へと発展した。
古い慣習を断ち切る人。世界の常識を覆す人。世の中を変えてゆくような、パワフルで際立った存在を、白い宝石とも言える磁器にすることで結晶化する。そして、「突出した人物」は次々に現れる。

古賀は、「現代はまるで下剋上の時代だ」と言う。
SNSが発達し、誰もが発言力を持つようになったことで、出自や生まれ育った地域よりも、本人が高みを目指す意思、声を上げる勇気さえあれば、上を目指せる時代となった。この世界観の中で、戦国武将たちの変わり兜をモチーフに、人の生き様、心意気を表現した作品が《頬鎧盃》である。志高い現代の武将たちに向けてのエールでもある。

「あえて地方から発信すること、そして個人でできるレベルの表現にこだわっている。」
今日、価値観の多様化が叫ばれてはいるものの、地方が文化を発信する力が弱まっていないだろうか。大量生産が進み、情報が次々と拡散されてゆく中で、社会は画一化していないだろうか。
だからこそ古賀は、九州の地で今日も作品を作り続けている。1点1点の作品に思いを込めながら、社会へのカウンターを放ち続けているのだ。



B-OWND

コンセプト

現代社会へのカウンター

頬から顎までをすっぽりと覆う形状の《頬鎧盃》。
器全体を覆う大小のスタッズ。
ド派手でユニークなこれらのシリーズが、古賀崇洋の作品の印象を決定づけている。一見、感性のままに制作しているかのようにも見える作品たち。しかし実際には、歴史的、文化的な背景を踏まえ、古典への敬意のもとに作品が成り立っているのだ。

古賀がリスペクトする侘び茶の大成者・千利休は、黒茶碗を使うことでその存在感を無くし、茶を引き立てたという。これに感銘を受けた古賀は、あえて作品の存在感を際立たせるという意味で、「反わびさび」を掲げる。物に内在する力を視覚化し、圧倒的な存在感を放つものとして表現するにはどうしたらよいか。
古賀の出した答えのひとつが、スタッズであった。
「力の最小単位として、面白い形だと感じた。視覚、触覚、そして味覚にも作用がある形だ。」

「突起」というキーワードは、のちに「突出した人物」へと発展した。
古い慣習を断ち切る人。世界の常識を覆す人。世の中を変えてゆくような、パワフルで際立った存在を、白い宝石とも言える磁器にすることで結晶化する。そして、「突出した人物」は次々に現れる。

古賀は、「現代はまるで下剋上の時代だ」と言う。
SNSが発達し、誰もが発言力を持つようになったことで、出自や生まれ育った地域よりも、本人が高みを目指す意思、声を上げる勇気さえあれば、上を目指せる時代となった。この世界観の中で、戦国武将たちの変わり兜をモチーフに、人の生き様、心意気を表現した作品が《頬鎧盃》である。志高い現代の武将たちに向けてのエールでもある。

「あえて地方から発信すること、そして個人でできるレベルの表現にこだわっている。」
今日、価値観の多様化が叫ばれてはいるものの、地方が文化を発信する力が弱まっていないだろうか。大量生産が進み、情報が次々と拡散されてゆく中で、社会は画一化していないだろうか。
だからこそ古賀は、九州の地で今日も作品を作り続けている。1点1点の作品に思いを込めながら、社会へのカウンターを放ち続けているのだ。



B-OWND

作品

販売作品一覧

プロフィール

古賀 崇洋

グループ展
2019年
東京喰種×頰鎧盃 *金木研 マスク型器担当 (PARCO 大阪、福岡、東京、名古屋、札幌)
2018年
パリ三越伊勢丹(パリ、フランス)
2018年
メゾン・エ・オブジェ (パリ、フランス)
2017年
・次世代展 (九州国立博物館 / 福岡)
2016年
IKUMI SS17 NY COLLECTION (Grace Church / ニューヨーク、アメリカ)
2016年
現代茶碗 展 (日本橋三越/ 東京)
2015年
Art San Diego2015 (San Diego / サンディエゴ、アメリカ)
2015年
JAM collection (Chie Art Gallery / ミラノ、イタリア)
2015年
NEW DESIGN of TEA (GOOD DESIGN STORE Gallery / 香港)
2014年
ISETAN茶会 (新宿伊勢丹 / 東京)
2013年
Contemporary Japanese Design & Arts | Fuori Salone (MILANO SALONE 2013 / ミラノ、イタリア )
個展
2019年
古賀崇洋 陶磁器展 (ISETAN SALONE / 東京)
2019年
STUDS (CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex / 東京)
2018年
呑むアート展(六本木ヒルズ 東京カルチャーリサーチ / 東京)
2018年
陶磁器 古賀崇洋(六本木ヒルズA/Dギャラリー / 東京)
2018年
古賀崇洋 陶展 (ULTRA C / 山口)
2017年
Ceramic Dedication 〔OTOGI/福岡〕
2017年
TABLEHACK 〔citruss/福岡PARCO〕
2016年
PRIDE&PREJUDISE (KOGEI Gallery/金沢)
2016年
STONE WEAR TakahiroKoga Cramic Exhibition (Stereo Gallery / 福岡)
2015年
古賀崇洋 展 (the spin days / 東京〕
2014年
陶磁器 古賀崇洋 (H.P.FRANCE DECOdeBONAIR / 東京)

プロフィール

名前 古賀 崇洋

グループ展

2019年
東京喰種×頰鎧盃 *金木研 マスク型器担当 (PARCO 大阪、福岡、東京、名古屋、札幌)
2018年
パリ三越伊勢丹(パリ、フランス)
2018年
メゾン・エ・オブジェ (パリ、フランス)
2017年
・次世代展 (九州国立博物館 / 福岡)
2016年
IKUMI SS17 NY COLLECTION (Grace Church / ニューヨーク、アメリカ)
2016年
現代茶碗 展 (日本橋三越/ 東京)
2015年
Art San Diego2015 (San Diego / サンディエゴ、アメリカ)
2015年
JAM collection (Chie Art Gallery / ミラノ、イタリア)
2015年
NEW DESIGN of TEA (GOOD DESIGN STORE Gallery / 香港)
2014年
ISETAN茶会 (新宿伊勢丹 / 東京)
2013年
Contemporary Japanese Design & Arts | Fuori Salone (MILANO SALONE 2013 / ミラノ、イタリア )

個展

2019年
古賀崇洋 陶磁器展 (ISETAN SALONE / 東京)
2019年
STUDS (CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex / 東京)
2018年
呑むアート展(六本木ヒルズ 東京カルチャーリサーチ / 東京)
2018年
陶磁器 古賀崇洋(六本木ヒルズA/Dギャラリー / 東京)
2018年
古賀崇洋 陶展 (ULTRA C / 山口)
2017年
Ceramic Dedication 〔OTOGI/福岡〕
2017年
TABLEHACK 〔citruss/福岡PARCO〕
2016年
PRIDE&PREJUDISE (KOGEI Gallery/金沢)
2016年
STONE WEAR TakahiroKoga Cramic Exhibition (Stereo Gallery / 福岡)
2015年
古賀崇洋 展 (the spin days / 東京〕
2014年
陶磁器 古賀崇洋 (H.P.FRANCE DECOdeBONAIR / 東京)